その方法は間違い?腹筋の正しいやり方

6つに割れた腹筋を手に入れるためには、腹筋トレーニングが必要です。筋トレの中でも実践しやすく、手軽に行うことが可能です。

筋肉をつけること以外にも、お腹を引き締める効果が期待でき、男女問わずおすすめのトレーニングと言えるでしょう。

筋トレ全般に言えることですが、正しい方法で行わなければ、効果が思うように出ないこともあります。

なんとなく続けているだけでは、なかなか効率が上がらず、途中で挫折してしまうかもしれません。

そのような事態を避けるためにも、腹筋の正しいやり方を確認していきましょう。

一般的に知られている腹筋は、「腹直筋」と呼ばれています。この筋肉を鍛えていくことで、6つに割れた腹筋を作ることが可能です。

お腹周りが気になる方は、腹斜筋を鍛えるだけではいけません。腰回りを落とすためには、外側の筋肉である、「腹斜筋」を鍛える必要があります。

両方をバランスよく鍛えることで、体のラインが美しくなるでしょう。ここでは、腹直筋のトレーニングに焦点を当てていきます。

腹直筋を鍛える腹筋運動で、特に意識しなければならないことは、姿勢です。

腹筋にしっかり負荷がかかっていなければ、効果が低くなる恐れがあるので、注意しましょう。

基本的に腹筋は、背中を丸めて、顎を引くこと大切です。腰への負担が減り、継続しやすくなるでしょう。

肩甲骨が床につかないようにして、常に自分のおへそを見るように行うのが大事です。

手も、できるだけ自分の胸あたりで組むか、頭の後ろで組むのがいいでしょう。これは、勢いをつけて起き上がらないようにするために重要です。

手の力も加えてしまうと、効果が半減する可能性があります。必ず自分の腹筋の力だけで起き上がるトレーニングを心掛けることが大切です。

初めてで起き上がる力がない方は、手で補助しながら慣れていくのも有効です。

腹直筋も、上下に分かれています。通常の腹筋トレーニングで鍛えることができるのは、上の筋肉なのです。

では、腹直筋の下部分はどのように鍛えたらよいのでしょう。

下部分を中心に鍛えたいときは、体を起こす運動ではなく、上げるトレーニングが有効です。

床に横になった状態で、足を上げる運動を行います。この際も、肩甲骨が床につかないように心掛け、膝の曲げ具合も調節するのがいいでしょう。

膝を曲げれば曲げるほど、負荷が弱くなり、膝を伸ばせば負荷が強くなります。しっかり鍛えたい方は、膝を伸ばして行うのが有効です。

始めは、腰の負担も考え、膝をある程度曲げた状態で行いましょう。

腹筋を正しく実践すれば、しっかり筋肉をつけることも可能です。ダイエットには、食事制限も必要ですが、やはりトレーニングは欠かせません。

ある程度筋肉がついて、慣れてくれば、さらに負荷をかけることができる腹筋にステップアップすることも可能です。

毎日実践すればいいというわけではなく、体がきついときはしっかり休むことも大切です。

安全に継続できるように、無理のない範囲で行いましょう。