お腹周りは腹斜筋を鍛えるべき!

お腹周りを引き締め、綺麗なくびれを手に入れるために、腹筋は有効なトレーニングとされています。

しかしながら、くびれを作るための腹筋は、通常の腹筋だけでは効率がいいとは言えません。

お腹の横の筋肉は、「腹斜筋」と言われています。この筋肉は、通常の腹筋だけでは効果があまりなく、適したトレーニングが必要です。

「腹斜筋」に効くトレーニングを実践することで、より効率よくくびれを手に入れ、気になるお腹周りを引き締めることが可能ではでしょうか。

内臓を守る筋肉と言われており、鍛えると代謝が上がるメリットもあります。

ここでは、初心者の方が実践しやすい代表的なトレーニングをご紹介しまので、しっかり確認していきましょう。

横の筋肉を鍛えるのは、「ひねり」を加えることが大切です。部位にしっかり効かせなければ、効果的に体を鍛えることはできないでしょう。

そこでご紹介したいのが、「サイドブリッジ」です。腹斜筋だけではなく、体幹も同時に鍛えることが可能です。

体幹を鍛えることで、他の筋トレの効果が上がると言われていますので、是非実践してみてください。

詳しい実践方法の手順は、以下の通りです。

1.膝を伸ばした状態で、まっすぐ横向きに寝る

2.体が一直線になるように、腰を持ち上げる

3.体が一直線になるのを確認したら、上側の手をまっすぐ伸ばす

4.その姿勢を約30秒間キープ

身体がまっすぐになることがこのトレーニングの重要なポイントです。

姿勢を保つ際に、腹筋に力を入れて負荷をかけます。腰、足、肩の重心が均等になることも心掛けるようにしましょう。

インターバルを約1分入れて、次は1回目より長い時間姿勢をキープして、負荷を強くしていくのが効果的でしょう。

ながら運動として、テレビを見ながら行うことも可能とされ、世代問わず実践される人気のトレーニング一つです。

普段スポーツジムに通っている方でも、仕上げに行うこともあり、有効なトレーニングと言えるでしょう。

トレーニングの際は、常に腹斜筋を意識し、正しいフォームを意識しましょう。

もし他の部位に負荷がかかっているようなら、その方法は間違っているばあいがあるので、注意が必要です。

「サイドブリッジ」に慣れてきたら、さらに効果が高い「ヘビーサイドブリッジ」に切り替えるのがいいかもしれません。

上側の手に加えて、上側の足も上げるハードなトレーニングです。しかしその効果は「サイドブリッジ」よりも高いとされ、より効果が得られるでしょう。

一種類トレーニングするだけでは、マンネリ気味になりやすいので、ハードなトレーニングにレベルアップすることは、有効です。

モチベーションも保ちやすく、さらに別の部位を鍛えるトレーニングも追加できるかもしれません。

いきなり数種類のトレーニングを実践するのは、体を痛める可能性があるため、おすすめできません。

順番に、正しいやり方を確認しながら、確実に鍛えていけば、ジムで鍛えた方と同等の効果が生まれるかもしれません。