三角筋を鍛えるには部位を理解して

盛り上がった肩にあこがれる男性も多いではないでしょうか。肩にしっかり筋肉がついていると、体のラインにメリハリがでて、かっこよく見えます。

肩の筋肉は、三角筋と言われる筋肉で構成され、主にダンベルを上に持ち上げたり、腕立て伏せなどで鍛えることが可能です。

大まかな部位では、三角筋とひとくくりにされていますが、実は、さらに3つの部位に分かれています。

そのため、部位ごとに鍛えなくては、理想的な腕になはならないでしょう。

今回は、三角筋の部位について詳しく紹介していきます。

筋肉をしっかり理解して、どの部位を鍛えれば、どんな体になっていくかを確認しましょう。

三角筋は、前部、中部、後部の3つに分かれています。

前部は、主に物を持ち上げる際に使われる筋肉で、鍛えることで、文字通り前方からの見た目が良くなります。

もちろん、物を落ち上げる力も強くなり、見た目とともに実用的な筋肉と言えるでしょう。

中部の筋肉は、腕を広げるときに最も使われる筋肉とされています。トレーニングも、重たいものをもって、腕を上げるトレーニングが多いです。

中部の筋肉を鍛えると、肩幅が広くなり、たくましく男らしい身体が手に入るでしょう。

肩幅が広がることで、体のアウトラインにメリハリがつきます。三角筋は、上半身の筋肉の中で最も大きい筋肉と言われ、中部の筋肉は理想的な身体を手に入れるためには、非常に重要な部位なのです。

後部の筋肉は、物を引っ張るときに使われる筋肉で、三角筋の部位の中では、あまり鍛えられない筋肉かもしれません。

しかしながら、後部を鍛えることを怠っていると、肩を見たときに、バランスが悪く、物足りなく感じるでしょう。また、体が前方の方へ引っ張られるかたちになり、やや前傾に傾くので、姿勢が悪くなる可能性があります。

うしろからの見た目は、自分では確認しずらいですが、かっこいい背中を見せるためには、後部の筋肉が最も重要です。

三角筋の3つの部位は、全て同じトレーニングでは鍛えることができないでしょう。つまり、同じトレーニングを行っていては、思うように肩が鍛えることができないのです。

異なる働きを持つ部位は、それぞれに対応したトレーニングが必要です。3つの部位を鍛えるためには、三角筋のトレーニングをするときにメニューを組むのが有効でしょう。

三角筋を鍛えるトレーニングは、体を壊しやすいトレーニングが多く、過剰に行うのはおすすめできません。

筋肉痛になったときは、無理に行わないことが大切です。

日常生活においても変化が期待でき、とくにスポーツをやっている方は、パフォーマンスが上昇するでしょう。普段の生活でも、いままで重たく感じたものが軽く感じ、力持ちになって、頼りにされることも多くなるでしょう。

バランスよく鍛えることで、見た目だけでなく、肩こりの解消や、姿勢の改善も期待できます。三角筋を鍛えたいと思っている方は、バランスを意識して、隙のない完璧な肩を目指してみてはいかがでしょうか。