足上げ腹筋は意識が大事

バキバキに割れた腹筋は、今や男女問わずあこがれの対象となっている傾向があります。そのために、日々腹筋や機材を使ったトレーニングに励んでいる方も多いでしょう。

しかしながら、完璧に腹筋を割るには、それだけでは足りないかもしれません。

腹筋は、上部と下部に分かれており、それぞれに対応したとレーニンを行う必要があります。

通常の腹筋で鍛えられるのは、主に上部を中心に鍛えるトレーニングが多いです。下腹にしっかり効かせるトレーニングとして有効なのは、レッグレイズ、通称「足上げ腹筋」と呼ばれるトレーニングではないでしょうか。

椅子に座りながら、寝ながらなど、様々な態勢で行うことが可能で、ながら運動としても実践しやすくなっています。

今回は、足上げ腹筋の効果をもっと上げるために、何が大切で、どういったことを意識すればいいのかをご紹介します。

今までなんとなく行っていた方は、ここでしっかり確認していきましょう。

足上げ腹筋は、足の重さを利用して負荷をかけ、下腹部を集中的に鍛えるトレーニングとされています。

基本的には、床に寝た状態で行うのが基本です。ただやみくもに足を上げるのではなく、しっかりと負荷をかけましょう。

そのために大切なポイントは、上半身を固定する、足が床と垂直になる位置まで上げる、おろす際もかかとをつけない。この3つが主に重要になってきます。

上半身を固定するのは、しっかりと腹筋の力を使うためです。行うのが困難な場合は、多少上半身の力で補助してあげる必要があるかもしれません。

ですが、下腹部にしっかりと効かせるためには、腹筋の力だけを使い、徹底的に追い込みましょう。

足をしっかり上げることも大切です。腹筋の力を使い、しっかりと上下運動の可動域を広くすることで、力を使う時間が長くなり、十分な負荷をかけることが可能です。
床と垂直な位置まで足が上がったら、1~2秒静止して、負荷を強めることが重要です。

筋トレというものは、一番つらいと感じたところで最も負荷がかかります。そのため、あえてつらい位置で我慢することが大切なのです。

つらいかもしれませんが、理想的な身体に近づくためには、避けて通れない道です。スポーツジムでも、自宅でも、トレーニングに楽な道のりなどないでしょう。

我慢して、足をおろすときも、息を吐きながら、ゆっくりとおろし、かかとを床に付けない位置で止めることも忘れてはいけません。

上げるときも、おろすときも、負荷は常にかけ続けることが足上げ腹筋には大切なのです。

重力に耐えることになるので、ある程度の筋力がなければ、腹筋が震え、ゆっくりおろすのが難しく感じるでしょう。

最初のうちは、足を上げる高さを調節したり、自分がつらすぎない程度にとどめておくのがおすすめです。

初めから無理なトレーニングをするのは、腰への負担が大きくなり、日常生活に支障がでるかもしれません。

どんな筋トレでもいえることですが、無理のない範囲で行うことで、長期に継続しやすくなるでしょう。