筋肉の回復タイミングをうまく使おう!

筋肉をしっかりつけるには、いきなりトレーニングを始めることよりも、まずは筋肉のメカニズムについて、知る必要があるのではないでしょうか。

筋肉はどのようにして鍛えられ、強くなっていくのか、理解しているのといないのでは、大きな差があります。

やみくもなトレーニングでは、ジムに通っても自宅で頑張っても、大した効果が期待できないでしょう。

では、メカニズムの説明に入っていきます。

筋肉は、破壊と修復を繰り返し、成長していくことで強くなっていくといわれています。

この破壊する行為こそが、筋トレなのです。筋トレが、自分をイジメぬく行為だと言われる所以ともなっています。

破壊された筋肉は、おおよそ48時間程度をかけて、ゆっくりと修復していきます。この機関に起こる現象が、筋肉痛と言われています。

破壊された筋肉は、一時的に減少します。その後、修復し、以前よりも大きくなって回復するのです。

これは超回復と呼ばれ、幾度となく破壊と回復を繰り返し、次第に強力でたくましい筋肉になるとされています。

豊富なメニューや回数をこなすことは、決して悪いことではありません。むしろストイックに実践できるモチベーションを誇るべきです。しかし、このメカニズムを理解したうえで実践するべきではないでしょうか。

十分回復していないうちに、次のトレーニングを始め、破壊ばかりを繰り返していては、筋肉の成長を妨げるばかりです。

また、筋肉痛の痛みが引いたタイミングを、しっかり見極めることが大切です。

回復の時間には個人差があり、トレーニングの内容にも左右される可能性があるので、注意しましょう。

超回復は、筋肉が成長する大切な期間ですが、休ませすぎるのもいけません。

期間が長すぎると、以前増加したはずの筋肉が元通りになり、次第に衰えていきます。修復の時間を与えすぎるのにも注意が必要なのです。

効率よく鍛えるためには、一週間のうちにどこで破壊して、修復するかの予定を決める必要があるでしょう。

休息する、と決めた日には、徹底的に筋肉を休ませましょう。その分食事に気を使うなどして、成長を促してあげるのがおすすめです。

ジムでのトレーニングが効果的なのは、トレーナーさんが、このメカニズムを熟知し、さらには効果的な食事についても理解していることが要因ではないでしょうか。

自分で鍛えたいとお考えであれば、体を理解して、しっかり行っていくことが大切です。

筋肉を休ませ、適切な栄養を与えることも、大切なトレーニングと言えます。休息をとる、ということに最初は不安を感じるかもしれませんが、根気強く実践してみてください。

頻繁にトレーニングを繰り返し、破壊ばかりを繰り返している方と、しっかり筋肉の成長を見極めている方とでは、差が出てくるはずです。

もちろん破壊するときは、ある程度しっかり破壊しなければ、修復現象が起こらないかもしれません。実践するときは無理のない範囲で、十分に自分の身体をイジメぬくことも意識しましょう。